運用支援サービス | レンタルサーバー、専用サーバーならメディアウォーズ

運用支援サービス


運用支援サービスとは?
運用支援サービスは、お客さまのケースに合わせ、サーバーの運用をアウトソースしていただけるサービスです。技術スタッフが内容にあわせ、監視からネットワーク構築までトータルで管理いたします。アウトソースによるコスト削減などをお考えのお客さまは、ぜひ運用支援サービスをご利用ください。

運用支援サービスの種類

ゴールド

  • 24時間365日有人監視・一次復旧
  • セキュリティ監査・対策
  • 不正アクセスに対するアクセス制御
  • yumによるオープンソースパッケージ(本体)及びアプリケーションソフトのインストール代行
  • その他サーバ設定代行

ブロンズ

  • 24時間365日有人監視・一次復旧

サービス・リソース監視/一次復旧

サーバー稼働率が飛躍的にUPし、ビジネスの信頼性もUP!
24時間365日体制でサービスを監視しますので、従来のサービスとは異なり、万一の障害時にも技術スタッフが迅速にサーバー再起動またはサービス再起動にて一次対応を行います。また、サーバー死活監視やデーモン/プロセス監視などの「サービス監視」はもちろん、CPU、メモリ、ハードディスクの「リソース監視」も標準で行うため、サーバー障害を未然に防ぐことも可能です。

セキュリティパッチ適用

サーバー管理の面倒なパッチインストール作業を代行
専用サーバーの場合、サーバー管理者はお客さまになりますので、お客さま自身でサーバーのセキュリティー管理を行なう必要があります。 面倒な作業をアウトソースすることにより、サーバー管理業務に人的リソースをかけることなく、本来のビジネスにより注力いただくことが可能になります。
※デーモン停止中は適用されない場合があります。

ご利用料金

  初期設定費用 (税込) ご利用料金 (税込)
ゴールド 37,800円
キャンペーン価格0円
月額 37,800円
(レポートオプションはプラス 10,800円)
ブロンズ 10,800円
キャンペーン価格0円
月額 10,800円
※運用支援サービス「ゴールド」ではプラス10,800円(税込)で負荷状況等をレポートで提出させていただくオプションをご利用いただけます。
 

まずは、お問合せください。弊社担当よりご案内差し上げます。

電話でのお問合せは0120-307-002

電子メールでのお問合せはsales@mediawars.ne.jp